フェアトレード

アフリカのボランティア支援や経済の勉強をしていると耳にするが多い
キーワード「フェアトレード」。
ようは現地の人達が作ったものを公正な価格設定で購入していこうというもの。
発展途上国の方達は、搾取される側になってしまう事が多いため、こういった考えがうまれてきた。
wikiによると下記の事が書いてます。
—————————————————————————————————————————
公正取引(こうせいとりひき、英: Fair trade、仏: Commerce équitable、西: Comercio justo、
フェアトレード公平貿易)は、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、
立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動である。
オルタナティブ・トレード(Alternative Trade)とも言う。連帯経済の一翼を担う活動でもある。
「公正取引」という表現は政府との関係がある組織(例:公正取引委員会)にも使われているので、
誤解対策のために「適正な報酬での取引」という交代表現も使われている。
—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です